ダイエットは意志と運動とサプリメント

小学生の頃のあだ名はキリギリスでした。

ガラガラに痩せていてあばら骨が浮き出ている姿がキリギリスに似ているからです。

ひとからそう言われる事がコンプレックスでとにかく食べました。太りたくて、一度でいいからデブと言われたくて。暴飲暴食で少しずつ肉はついてきましたが、中学、高校、大学と運動部にいたので太っているという感じではなかったと思います。しかし社会人になって運動を止めた頃からムクムクと来始めました。

そして小学生の頃憧れたデブになったのは職場が禁煙になったきっかけで煙草を止めた時からです。一挙に太りました。

完全なデブです。

しかし子供の頃から太っている人と、大人になってから急激に太った人とは訳が違います。体のあちらこちらの調子が悪くなり、会社の健康診断はオールCです。

さすがにこれはまずいと思いダイエットの決心をしました。やはりそこは元体育会系ですから体を動かすことしか頭にはありません。血と汗と涙というやつです。

おかげでそこそこ痩せては来ましたが、横っ腹に垂れ下がるようについてしまった脂肪、これが取れません。

ハッキリ言って醜いです。

脂肪を燃やすのは筋肉だという話を聞いたことがあります。確かに腹筋、背筋と言うのは有りますが、横っ腹筋とは聞いたことがありません。

限界ですね。

そう思いサプリを試してみました。私のは燃焼系というやつです。

不思議ですね、しばらく摂取していると横っ腹の垂れ下がりが減ってくるのです。

ベルトの穴がアッという間にひとつ減りました。今までは根性で何とでもなると思っていましたが、化学の力も侮れません。

ダイエットサプリお勧めです。

何かに頼るのを止めたら少し楽になるのかも知れませんよ

ダイエットと一言で言えば苦痛な日々を頑張らなくてはいけない?と考えてしまう方も多いと思います。

例えば炭水化物を抜く、油ものを控える、何かを我慢しなければ痩せる事への1歩にならないと思っていませんか?

少しはそのような生活を頑張れるかもしれませんが、多くの方は挫折し俗に言うリバウンドという経験もあると思いますが、私は我慢を毎日の様にしていればいずれ心に崩壊が起こり今まで以上の食欲が出て返って体重が増えてしまう悪循環に陥るような気がします。

現に私も中年に差し掛かりお腹周りが気になるようになったのでよし!少し炭水化物を夕食のみ控えて野菜中心の生活にしようと試みた経験があります。

その時期は野菜を生野菜で摂っていましたが、生野菜は大量に食べられるものではありませんしあまり多く摂取すると身体を冷やす食べ物になりますので摂り過ぎはいけません。

身体を冷やすと痩せにくいと言われています、ですから味付けしないゆで野菜で少量のドレッシングなどをかける、或は一層の事鍋にして多くの野菜を取り入れる事で身体を温め痩せやすくなるのです。

そして私が心がけている事は数日に1度はウエスト周りを手の指親指から小指までをぐっと伸ばしどれ位のウエストであるのか計るのです。

私の場合3つと数センチなのですが、それを週に1度でも繰り返していると大体いつもの状態が分かります。

少しおやつを食べ過ぎたとか、何だかお腹が苦しいなと感じたら直ぐ計るのです。

計る場合食べて直ぐではなく空腹時がいいかもしれません、そこで体重計とも向き合うのです。

小さな心がけが現状維持となりますし、あららと思う前に自己管理で体重と向き合うのもダイエットするうえでは大切な事だと思います。